毎年のことですが、ミッドサマーのUVはとても強いですね。あたいは昔から絶対に焼きたくない派なので、夏季のスタートは日焼け止めが欠かせません。べつに赤道直下やハワイじゃないんだから、日本の夏季でもそんなに痛烈日焼け止めは無用よといわれても、薬局で色々と選んで、一番激しいものを買ってしまう。しかし、日焼け警護のアーム補償などはどうしてもやる気になれません。表皮を焼かないようにするためのUV対応策で、表皮を出さない意味がよくわからないからだ。それに、従前チームメイト人が競合質のアーム補償をしていて、競合の設計のルックスに焼けてしまったのを見て以後、絶対にアーム補償はしないと決めました。UVが手強い瞬間の競合質は危険ですね。あたいは表皮が露出する部分は一部始終日焼け止めを塗ります。サンダルを履く場合は乗り物の指までしっかりと塗りこみます。耳にも塗ります。しかし、手立てだけはどうしようもありません。しっかり塗ったとしても、お手洗いの度などに洗うと落ちてしまいます、逐一塗りなおしたほうがいいのでしょうか。あたいは元々部分黒な方なので、UV対応策は特に思いを使います。もうこれ以上黒くなりたくないの一心だ。先天的に表皮が白い人はちょっと妬ましいだ。俺得修学旅行のネタバレを読んでみた。