結婚式が本決まりになって、父母への挨拶のところ貸出と学歴の変装が判明しました。
10年周り付き合っての結婚式。2人間ともよろしい年なのでまず、第ゼロに結婚式の配置に貯金が最低でも300万は必要だと約束してました。
それを、結婚式の1年前に貯金料金の配置を150万に変更してほしいと言ってきました。本業や退職に向き合う引越などで色々仕事だからと長期間説得されてしぶしぶ公認。
また、結婚式キャピタルの積立を亭主名義の口座でやっていました。しかし、父兄顔合わせのところ、父兄から貸出のことを聞かされて寝耳に水で驚嘆を隠せませんでした。
しかも、大学も卒業していないと父兄がサラッと言って、意味がわかりませんでした。
積み立て富ももちろん勝手に使い込んでて貯金どころか貸出がまだまだありました。
よく、WEBとかで、貸出をやることを見抜けなかった女性の方達が悪いと書いてありますが、こんな主旨乏しい。
ウソ付く方が100パーセント乏しいに決まっています。
お報酬がそもそも、自分と亭主ではダブル周り違う高給受けとりなので、費用の悩みを始めるなんて考えもよりませんでした。
結婚したら生活は自分が管理するコミットになっていたので、今まで通帳の陳列を何度も勧めましたが、間近でそこまでやる人間はいないから自分もお断りと駄々をこねる。
通帳を現すことを了承してたのに当日になっていきなり拒否してきたり、頻繁に会うことができないのでなかなか判明できませんでした。
それに学歴が弱いなんて、ずっと大学に通っていたのに、終了だけしなかったなんて、推測もつきませんでした。マッチアラームを使ってみました!